2018ドリームプロジェクトについて

HPサイド-02.png

2018ドリームプロジェクトとは

子供たちの夢は地域を照らす希望です。

日本の伝統文化を国技の相撲を通じ「歴史」を学ぶ「わんぱく相撲」。「地域」の特色であるサッカーを通じ、子供たちに夢と希望を与え、魅力ある東久留米を目指す「JCカップ」。「仕事」体験を通し社会とともに、夢を育てる「クルメッザニア」。若い世代の投票率低下が社会問題となる今、「政治」の重要さと子供たちに民主主義の大切さを伝える「みらいく」。

4つの事業を合わせ2018ドリームプロジェクトと題し、子供たちの夢を育てていきたいと考えています。また世代を問わず夢をサポートするため地域のボランティアを募り、東久留米を支える地域の企業や「子供たちの夢」を応援したい企業と共にプロジェクトの成功に向け取り組みます。